Show More

BELLTREE水木通501号室リノベーションプロジェクト。
神戸芸術工科大学3年生の実習課題として実施。足立さんのデザイン案に決定。実施都市における多様なライフスタイルの場を、住戸内の光の分布状態をデザインすることによって創出する試みがデザインコンセプト。

該当建物のリノベーションプロジェクトとしては4件目となります。目線を少し超える高さの壁が中央部分で回転することにより光の変化に富む、多様な使い方が可能となりました。

 

企画・改修デザイン:神戸芸術工科大学プロジェクトチーム(花田・川北・学生足立)+COCCA

実施 2018年

Y's house RD-07リノベーションプロジェクトは神戸芸術工科大学との産学共同プロジェクトによるコラボ企画第5弾。
本物件は、社会ストックとしての量産型鉄骨住宅の、地域の個性を育む持続的な住まいへのリノベーションをデザインコンセプトとして行いました。
築40年余りの石垣の上に立つ鉄骨造の大手ハウスメーカーの住宅のリノベーション。

 

企画・改修デザイン:神戸芸術工科大学 プロジェクトチーム(川北・花田・学生山門)+(有)ランドサット(安田利宏)

実施 2017年

第3弾同様、同大学環境デザイン学科3年生対象の実習課題として実施した、BELLTREE須磨203号室リノベーションプロジェクト。家族向け集合住宅の3LDKを、新しいタイプの間取りへ再生した、坂上みなみさんの案を実施案に選びました。

アクティビティの拠り所となる間仕切り、視界の抜ける開口をもつ壁。自由に住み手が「場」を選べるしかけが随所に施され、従来の個室を数えるnLDKとは違う空間になりました。改修後の間取りは、入居者の選んだ「場」によってnが「ゆらぎ」変動する1/fLDKという、現代の多様なニーズに応える、可変性の高い空間となっています。

 

企画・改修デザイン:神戸芸術工科大学 神撫町・禅昌寺町プロジェクトチーム+(有)ランドサット

実施 2016年

BELLTREE水木通303号室内リノベーションプロジェクトは神戸芸術工科大学との産学共同プロジェクトによるコラボ企画第三弾。本物件周辺は、隣接する三宮などの中心街とは異なり、オフィスや町工場、住宅、商店などが混在したし下町の風景が広がっています。下町のコンテクスト(文脈)をたどりながらリノベーションしています。
今回のコラボ企画は神戸芸術工科大学の環境・建築デザイン学科3年生対象のデザイン実習課題として学生からの改修案を募集し、久木楓さんの「tiny space(タイニー・スペース)」と題した作品を実施案に選びました。

 

企画・改修デザイン:神戸芸術工科大学 神撫町・禅昌寺町プロジェクトチーム(川北・花田・小菅・中村・学生久木)+(有)ランドサット(安田利宏)

実施 2015年

「鈴木文化シェアハウス」に続いて、神戸芸術工科大学との産学共同プロジェクト2物件目のコラボ企画。3軒長屋のうちの2軒を、3つの個室と共用スペースからなるシェアハウスに改修しました。元は1階に店舗が入っており、それを継承する形で地域に開く休憩スペースを街角に設けたことから、「禅昌寺キオスク」と名付けました。
また、休憩スペースのベンチ後ろには黒板が設置してあり、学生達が様々な絵やメッセージが書かれています。
設計にあたっては、神戸芸術工科大学の多くの学生たちが模型や図面制作に参加し、検討して頂きました。

 

企画・改修デザイン:神戸芸術工科大学 神撫町・禅昌寺町プロジェクトチーム(川北・花田・小菅・中村)+(有)ランドサット(安田利宏)

実施 2014年

神戸芸術工科大学との産学共同プロジェクトよるコラボ企画。2階建ての全8戸のうちの3戸を1つの物件として改修。施工工事に関しても芸工大の学生達が参加しました。
開放的な土間スペースのシェアスタジオは周囲に明るい光を放ち近隣の方々と入居者である学生たちのコミュニケーションが期待されます。

2013年度グッドデザイン賞、かんでん住まいの設計コンテスト2012佳作。

企画・改修デザイン:神戸芸術工科大学 神撫町・禅昌寺町プロジェクトチーム(川北・花田・金子・大学院金野・学生)+KONNO


実施 2013年

 

個人情報保護方針 個人情報の利用目的について     Copyright © 2013 DaiwaSenpakuTochi Corporation All Rights Reserved.