社長ご挨拶

陸に上がって41年 元は海運会社が家主です。
神戸らしい街づくりを目指して!

昭和35年5月に大和船舶株式会社として、創業者の鈴木康夫が神戸市生田区海岸通に創業しました。以来、中型の貨物船(5000t程度)を2~3隻所有し、国内の運航会社に貸船をして、東南アジア、特に中国・ロシア等の共産国に荷物を運んでいました。これと同時に、神戸市内に小規模な不動産賃貸業を併営していました。



  昭和30年代以降は、順調な日本の経済発展にあわせたコストの急上昇と新興国の安価な海運業の勃興という問題により、深刻な海運不況に陥りました。そういった厳しい環境の中で、昭和47年完全に所有船を売却、海運業を廃業し、大和船舶土地株式会社として本格的に不動産賃貸業に経営資本を集中することになりました。



  これ以後順次経営規模を拡大し、特に大手資本が参入しにくい住宅部門を中心に投資してきました。さらに、阪神大震災以後の約18年は非住宅部門、たとえば各種店舗が入った商業ビル・ロードサイドに立地した地域サービスを担う施設・事務所ビル・宗教施設等々、より多様なビルディングタイプ、より多様な地域への展開を目指して拡大してきました。

  現在、神戸市内所有施設の経営面積は約50,000㎡程度となり、財務内容も良好に非常に少数の人間で経営しています。また、自社の開発する施設においては、より明確なコンセプトを持たせ、より個性的に神戸らしいデザインを心がけており、他の類似施設との差別化を図るために、代表取締役の鈴木祐一が一級建築士の資格を所有し、自ら設計事務所機能をもち開発のプロデュースをしています。

  今後は神戸市内を中心に街の辻々に中小型の個性的な施設を家主としてプロデュースし、地域社会に貢献しながら、経営の拡大と収益の拡大を目指します。

個人情報保護方針 個人情報の利用目的について     Copyright © 2013 DaiwaSenpakuTochi Corporation All Rights Reserved.